株式会社寿々

株式会社寿々

  • 事業紹介
  • 施設紹介
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 守山
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お知らせ
  • 寿々日記
    • 取り組み
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • ナーシングホーム寿々 守山
    • ひなた訪問看護ステーション
    • 優輪訪問看護ステーション

寿々日記|ひなた訪問看護ステーション



リハビリテーションと理学療法

2016.11.16

こんにちは。ひなた訪問看護ステーションの理学療法士、おいちゃんです。

みなさん、【リハビリテーション】ってどんな意味か、ご存知ですか?

小泉純一郎氏が総理大臣の頃、介護業界の横文字(カタカナ)を日本語に置き換えることを推奨していました。
例えば、「ケアマネージャ→介護支援専門員」、「デイサービス→通所介護」という具合です。
しかしこの時、「デイケア→通所リハビリ」と置き換えられ、結局のところ
リハビリテーションは適切な日本語に置き換えられなかった訳です。
リハビリテーションという言葉の認知度は高く、知らない人はほとんどいないというのが実情ですが
リハビリテーションの本当の意味を知っている人は多くないと思います。

リハビリテーションとは、直訳すると『適切な状態になる』という意味です。
ここで重要な点が2つ。

①適切な状態であって、治すのではない。
②適切な状態になるのであって、適切な状態にするのではない。

すなわち、リハビリテーションの主体性は患者や利用者であり、私達専門家はお手伝いをすることなのです。
どのように適切な状態になりたいのかを決めるのは、ご本人なのです。

次に理学療法ですが、これは個人的な意見なのでご異議があるかとも思いますが、
理学療法は筋肉をベストな状態にコントロールすることだと思っています。
芸能人の中にも、「ミキティー」と叫んだり、○○んに君など、筋肉好きの人がお見えになりますが
彼らは自分自身の筋肉が大好きなのです。一方、理学療法士は病気などの障がいによって
コンディショニングが必要な人を対象にしています。

ヒトにとって筋肉は動くための動力源たけではなく、体温コントロールの一助を担っています。
すなわち、筋肉量が多いほど体温を上げやすく、感染に対して抵抗力が増すことになります。
最近の研究では、筋肉量がある一定量を下回った時に最期を迎えるという報告もあります。

ここまで長々と述べてきましたが、ヒトにとって筋肉は重要な器官であり
寝たきりの人に対しても筋肉の良好なコンディショニングを維持することにより
安楽に過ごすことが可能となるのです。誤解してほしくないのは
『理学療法士は運動の専門家なのだから状態が悪化して運動提供が不可能となった場合に、
理学療法士の関わりは不要である』ということです。
看護師は健康面に対して、理学療法士は筋肉に対して、みなさんの生活をサポートしています。
今後とも、理学療法士の訪問にご理解を頂きたく思います。

ページトップへ