株式会社寿々

株式会社寿々

  • 事業紹介
  • 施設紹介
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • ナーシングホーム寿々 守山
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 小牧
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 豊田
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 一宮西
    • 寿々グループ提携施設
    • ナーシングホーム華々 緑 produced by 寿々
    • ナーシングホームちあい produced by 寿々
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お知らせ
  • 寿々日記
    • 取り組み
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • ナーシングホーム寿々 守山
    • ナーシングホーム寿々 小牧
    • ナーシングホーム寿々 豊田
    • ナーシングホーム寿々 一宮西
    • ひなた訪問看護ステーション
    • 優輪訪問看護ステーション

寿々日記|ひなた訪問看護ステーション



「紙おむつはトイレに流せるのか?」

2018.5.24

こんにちは、福祉用具専門相談員の松本です。
少し前から国(厚生労働省)で、トイレに流せる紙おむつを作れないか?
という動きが出ていました。
今回は新聞にも取り上げられていたので、ご紹介させて頂きます。

以下、読売新聞より

介護や保育の現場から出る大量の使用済み紙おむつを、下水道で流して処理できるかどうかの議論が本格化している。
たまった紙おむつの処分に悩まされてきた現場のニーズは高いが、「配管が詰まらないか」との懸念も。
国土交通省は三つの方法案を取りまとめており、実用化に向けて今夏にも実験を始める。
現在の下水道は、水に溶けない紙おむつは流す想定になっていない。
使用済み紙おむつは、施設からは「業務用ゴミ」として処理されているが、回収日は限られている。
施設内のゴミ箱などで保管するのは臭いや衛生面で問題がある上、
重くなった大量の紙おむつをゴミ出しする職員の負担も大きいと指摘されている。
とのこと。


一般的な紙おむつには吸収素材に以下のようなものが使用されています。
「吸水材」とは、紙おむつの内部でおしっこをしっかりキャッチする部分です。
吸水材は、ポリオレフィン不織布と綿状パルプに包まれた高分子吸水材(高分子ポリマー)からできています。
表面材を通ってきたおしっこは、まずポリオレフィン不織布と呼ばれる部分で広がり、
素早く綿状パルプと高分子吸水材へと送り込まれます。
高分子吸水材はそれ自体の重さの約30倍以上ものおしっこを吸収し、
さらに吸収したおしっこをジェル状に固める力を持っています。
だからおしっこをした後のおむつを押しても、おしっこがしみ出しにくくなっているのです。
あの水分を含むと大きく、重くなる素材ですね。
この素材の処理方法が気になりますが、どのような技術革新が起こるか楽しみです!

ページトップへ

「おかげ様」

2018.5.1

こんにちは。
ひなたケアプランの池田です。
皆さん、休日は何をして過ごしていますか?
私は、先日母と一緒に東京へ行ってきました。
はとバスツアーに参加して、東京スカイツリーや
葛飾柴又、巣鴨、浅草に行ってきました。


古い街並みや神社仏閣を巡るのが、大好きな私。
ご朱印集めも趣味の一つです。

1泊2日の間に歩いた歩数は合計で3万歩以上。
ビックリしました!!

実は、私、膝と腰に病気を抱えておりますので
痛み無く歩けたことに感動です。

「病衣のせいで」出来なくなったことは色々あるけど
「病気のおかげで」知ることや学ぶことは様々にあります。

自分の心の持ちようで、人生の過ごし方も変わると思います。
今後も利用者様の気持ちに寄り添いながら、少しでも
前向きに過ごせるように、ご支援できたらと思っています。




ページトップへ