株式会社寿々

株式会社寿々

  • 事業紹介
  • 施設紹介
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • ナーシングホーム寿々 守山
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 小牧
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 豊田
    • 新規オープン ナーシングホーム寿々 一宮西
    • 寿々グループ提携施設
    • ナーシングホーム華々 緑 produced by 寿々
    • ナーシングホームちあい produced by 寿々
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お知らせ
  • 寿々日記
    • 取り組み
    • ナーシングホーム寿々
    • ナーシングホーム寿々 鴻の巣
    • ナーシングホーム寿々 上志段味
    • ナーシングホーム寿々 岩塚
    • ナーシングホーム寿々 浄水
    • ナーシングホーム寿々 天子田
    • ナーシングホーム寿々 守山
    • ナーシングホーム寿々 小牧
    • ナーシングホーム寿々 豊田
    • ナーシングホーム寿々 一宮西
    • ひなた訪問看護ステーション
    • 優輪訪問看護ステーション

寿々日記|ナーシングホーム寿々 天子田



節分

2018.2.12

2月3日が節分ですが、天子田の鬼たちはせっかちなようで、2月2日にやってきました。
利用者様に、ホールへ出ていただき、豆に見立てた新聞紙製のボールを、シュールな鬼たちにぶつけて
天子田にフライングで侵入してきた鬼を追い払うことができました。
節分を調べてみたら、「季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており
それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる」とのことです。
寿々天子田は無事に邪気を追い払うことができたので、利用者さんも、職員もきっと健康に
ケガもせず過ごせるのではないかと思います。
普段なかなかホールへ出られない利用者さんも、ホールに出ていただき、ワイワイと
にぎわっている雰囲気の中に入ることができ、普段なかなか投げるという動作をすることのない利用者様が多いので
各々下投げしたり、上投げしたりされており、この方って意外にしっかり投げられるんだ!と新たな発見もありました。
季節を感じられるレクをこれからも取り入れていくことができたらと思いました。
ちなみに、天子田の鬼はせっかちで1日早く現れてしまいましたが、
そもそも節分は毎年必ず2月3日というわけではないみたいですね。
「節分」は、二十四節気のひとつである「立春」の前日のことを言います。
二十四節気は、地球に対する太陽の位置(角度)によって1年を24等分した日で、
それぞれの日に春分、冬至、春分、夏至など合計24個の名前が付けられています。
地球は太陽の周りを1年かけて360度公転するので、360度を24で割って15度ごとに名前が
割り当てられているわけですが、一年の日数は365日なので、24等分してもきっちり割り切れず、
年によっては1日程度ずれたりします。
そんなこんなで、節分が必ず3日になるのは2024年までで、2025年からは当面うるう年の翌年は、
2日が節分になるそうです。そして、2104年は4日が節分になります。
(サイクルとして3日になることが一番多いが、2日と4日がありうる)
2025年も、2104年も、ナーシングホーム寿々天子田で節分行事をできるよう、
スタッフ一同今後とも頑張りますのでよろしくお願いいたします。




ページトップへ

寿々天子田 一周年

2018.2.7

2月1日にナーシングホーム寿々天子田は、無事に1周年を迎えることができました。
利用者様、利用者様のご家族様、寿々に利用者様を紹介していただいた病院様や関係者様、寿々天子田の職員さん
社内やグループ会社で協力していただいた方々のお力ぞえがあったからこその1周年だと思います。
寿々天子田に関わっていただいたすべての方々に、心から感謝いたします。
2月1日は1周年ということで、利用者様に日ごろからの感謝の気持ちを込め、グループ会社である
株式会社 GRAND輪華のセントラルキッチンmiriseに入っていただき、
昼食に1周年祝いのめでたい献立を提供していただきました。
天ぷら、茶わん蒸し、お赤飯、お吸い物、紅白なます。普段と違ったメニューに
利用者様も舌鼓を打たれ会話の中で1周年の感謝の気持ちを伝えさせていただきました。
1年間、365日、春夏秋冬と施設を運営してきた中での経験、やってみたからこそ見えてきた課題、
利用者様やご家族からいただいた声、職員さんからの気づきなどは、施設にとって何よりのレガシィであり、
そのまま2年目の寿々天子田の“教科書”となっていきます。
この1年間の経験を元に、2年目の施設を飛躍させていくのが私たちの使命だと思います。
寿々天子田に関わっていただいた方々への感謝の気持ちを、2年目の成長という形で形にできるよう、
管理者、スタッフ一同精進してまいります。今後ともナーシングホーム寿々天子田をよろしくお願いいたします。




ページトップへ